メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースプラス

択捉ビザなし訪問 ロシア化、元島民に焦り 進む開発、住民は自信 /北海道

 北海道にとって悲願の北方領土返還。日本政府が領土問題の前進に有効と位置づける北方領土での共同経済活動を巡り、5月の日露首脳会談で今夏の民間調査団派遣に合意し、事業採算性を調査することになった。しかし、今年度の「ビザなし交流」の日本側訪問団第1陣に同行し、訪問した択捉島はロシア政府主導の定住策や開発により、ロシア化が急速に進んでおり、返還に向けた道筋は見えない。【日下部元美】

この記事は有料記事です。

残り2349文字(全文2538文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです