音楽ライブ

不器用でも見守って 水戸出身の藤井さん、高次脳機能障害抱え 石岡 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 交通事故で脳にダメージを受けて「高次脳機能障害」になった水戸市出身の音楽家、藤井ケイイチさん(38)の音楽ライブが16日、石岡市大砂の「ふれあいの里石岡ひまわりの館」であった。藤井さんも会員である、この障害を抱える人たちの集まり「脳損傷の会・いばらき」の会員ら39人が集まり、藤井さんの歌声に聴き入った。

 高次脳機能障害は、事故による外傷などで脳が損傷を受けた後遺症で、注意や記憶、判断といった認知機能が損なわれる障害。人によって障害の重さや表れ方が異なり、周囲には分かりづらいため「見えない障害」とも言われる。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文804文字)

あわせて読みたい

注目の特集