第100回全国高校野球

東・西愛知大会 組み合わせ決まる 4回戦まで 30日開幕 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

100回記念

 第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が16日、刈谷市総合文化センターであった。

 第100回を記念し、186校が東愛知(東三河、西三河、知多)と西愛知(名古屋、尾張)の両大会に分かれて県内10球場で戦い、それぞれの優勝校が甲子園での全国大会に出場する。東・西大会の総合開会式は今月30日午前10時からパロマ瑞穂野球場(名古屋市瑞穂区)で行われる。

 抽選会には各校の主将らが参加し、東・西大会の4回戦までの組み合わせが決まった。準々決勝以降の組み合わせ抽選は、4回戦が終了した後に行う。日程通り進めば、決勝戦は東が7月26日、西は翌27日にいずれも岡崎市民球場で行われる予定。【高井瞳】

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文942文字)

あわせて読みたい