メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

神島のタコ漁を撮る 鳥羽で「働く漁村」 /三重

 鳥羽市浦村町の市立海の博物館で、カメラマンの阪本博文さん(65)=伊勢市浦口4=の写真展「神島のタコ漁~働く漁村」が開かれている。生け捕りにしたタコを手にした笑顔の漁師など、表情豊かな25枚が展示されている。7月20日まで。

 伊勢湾口に浮かぶ神島は、タコ漁が盛んで、漁港の岸壁にはたくさんのタコつぼが並ぶ。阪本さんは2016年6月、タコ漁に出掛けた漁師親子の漁船に同乗し、漁の様子をカメラに収めた。

 阪本さんは「おいしいタコがどういうプロセスを経て食卓に上るのか、以前から関心を持っていた。取材の日…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文536文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです