メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドリームキッズinおおさか

BMX世界選手権出場 狩峰颯太郎さん 頂点へ自転車で跳ぶ /大阪

コースの前で自転車にまたがる狩峰颯太郎さん=大阪府岸和田市春木若松町のサイクルピア岸和田BMXコースで、矢追健介撮影

 2008年北京五輪から公式競技となったBMX(バイシクルモトクロス)。20インチのタイヤに頑丈なフレームを組み合わせた自転車をこぎ、土でつくられたコース上の起伏をうまく乗り越え、同時に8人でゴールまでのタイムを競う。

 幼い頃から自転車が大好きで、公園の穴や垣根を自転車で跳び越そうとしたり、家の近所を走り回った。「このままでは危ない」と思った母理恵さん(40)が自由に走れる場所を探し、5歳の時に連れて行ったのが岸和田市のサイクルピア岸和田BMXコースだ。

 レースを見て、「やってみたい」と練習に通うようになった。帰りの車で寝てしまっても手や体は動いていたといい、「夢の中でも自転車に乗っていた」と父謙太郎さん(40)は笑う。

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです