島根原発

3号機 地元手続き入り後、初めて住民説明会 /島根

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 島根原発(松江市)3号機の新規稼働を目指す中国電力は16日、地元了解手続き開始後初めての住民説明会を松江市で開いた。質問が相次いで1時間半の予定を約20分延長したが、「答えになっていない」との指摘に応じず打ち切ることで納得を得られない場面も目立った。一方、定員250人に対し参加者は71人で、関心の…

この記事は有料記事です。

残り167文字(全文317文字)

あわせて読みたい

注目の特集