メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核のごみ

処分場選定、疑問や不安の声 徳島で住民説明会 NUMO、動員問題で謝罪 /徳島

放射性廃棄物の地層処分の方法などが紹介された説明会=徳島市で、大坂和也撮影

 原子力発電環境整備機構(NUMO)と資源エネルギー庁は16日、徳島市内で、原子力発電所の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の選定に向けた住民説明会を開いた。説明会は広報を委託した業者が謝礼付きで学生らを動員した問題で中断し、直営に切り替えて再開した。この日は15人が参加し、冒頭ではNUMOの小野剛理事が「不適切な事案で不信を招いた」と謝罪した。【大坂和也】

 国は原子力発電所の使用済み燃料を再利用する方針だが、再処理の中で放射能の高い廃液が生じる。これを最…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです