メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

鴻巣友季子・評 『文学とアダプテーション ヨーロッパの文化的変容』=小川公代ほか編

 (春風社・3456円)

“貞淑”と“裏切り”表裏一体で息吹く

 先ごろ、林真理子による『風と共に去りぬ』のリメーク版『私はスカーレット』の連載が開始され、橋本治による『おいぼれハムレット』を第一巻とする『落語世界文学全集』の刊行が始まった。一方、池澤夏樹編『日本文学全集』でも古典名作の現代語訳が着々と進んでいる。こうして現代を代表する語り部たちが古典の大がかりなアダプテーション(翻案、改作、映像・舞台化など)に取り組んでいるのは、日本で世紀の境目から続いてきた古典新訳ブームが、次段階に入ったことを示すのではないか。

 近年、「翻訳」は原作の下位ではなく同等以上の創造性をもち得ると言われるようになった。次は、“忠実な…

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです