メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

飲酒の適正量を知る=東京大教授、精神科医 佐々木司

 蒸し暑くなってきた。暑気払いやら何やら、飲酒の機会が増える季節だ。

 この時期、急性アルコール中毒に注意してほしい。若い人は昔より飲まなくなったというが、救急車で運ばれる人は依然多い。飲酒中に意識がなくなったら、それは眠りではなく、アルコールによる意識障害の可能性が高い。手当てしないとそのまま亡くなることもある。覚えておきたい。

 アルコールでは急性中毒のほかにも注意すべきことがある。第一は「依存」だ。これを防ぐには、まず適正飲…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです