メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

全頭脱毛症 減薬し再発=答える人・斉藤典充部長(横浜労災病院・皮膚科)

 Q 全頭脱毛症減薬し再発

 全頭脱毛症です。処方薬プレドニゾロンの効果で黒髪が一時、生えました。しかし、服用量を減らすと元に戻りました。血液検査に異常はありません。(大阪市、女性、47歳)

 A 局所免疫療法も

 円形脱毛症が重症化した全頭脱毛症と推察されます。円形脱毛症は、免疫系が自分の髪の毛を攻撃してしまう自己免疫性の病気と言われ、同じ自己免疫疾患である膠原(こうげん)病や甲状腺疾患などが隠れている可能性があります。そのために血液検査を実施しますが、相談者のように異常が見つからず、原因が分からない場合も多いのが実情です。

 治療では、髪の毛の周囲に集まって攻撃するリンパ球の働きを抑えるために、プレドニゾロンを処方すること…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文915文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席
  2. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  3. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  4. 宮迫さん会見「詐欺の被害者の方々におわび。すべての責任は僕に」
  5. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです