メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

卵焼き弁当×山谷・まりや食堂 160円がつなぐ命

イラスト・佐々木悟郎

 簡易宿泊所が並ぶ東京・山谷に小さな弁当屋がある。名前は「まりや食堂」という。

 開店前の夕方、教会の1階にある店に白髪交じりの男たちの行列ができる。「いらっしゃい」。牧師で食堂代表の菊地譲さん(77)がステンドグラスの扉を開けた。

 いつも列の先頭にいる男性(68)は7年前からの常連だ。父の顔と名前を知らない。地方を転々としながら働き、山谷にたどり着いた。今は離れたまちで暮らすが「顔を見るとやすらぐ」と電車とバスを乗り継ぎ弁当を買いに来る。

 菊地さんは東京五輪で日本が沸いた1964年ごろ、山谷で暮らす子どもに勉強を教え、簡易宿泊所の厳しい…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです