メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

卵焼き弁当×山谷・まりや食堂 160円がつなぐ命

イラスト・佐々木悟郎

 簡易宿泊所が並ぶ東京・山谷に小さな弁当屋がある。名前は「まりや食堂」という。

 開店前の夕方、教会の1階にある店に白髪交じりの男たちの行列ができる。「いらっしゃい」。牧師で食堂代表の菊地譲さん(77)がステンドグラスの扉を開けた。

 いつも列の先頭にいる男性(68)は7年前からの常連だ。父の顔と名前を知らない。地方を転々としながら働き、山谷にたどり着いた。今は離れたまちで暮らすが「顔を見るとやすらぐ」と電車とバスを乗り継ぎ弁当を買いに来る。

 菊地さんは東京五輪で日本が沸いた1964年ごろ、山谷で暮らす子どもに勉強を教え、簡易宿泊所の厳しい…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1038文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです