メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

米朝首脳会談 あきれた安倍政権の右往左往

松尾貴史さん作

 自由朗読研究会という朗読のワークショップを、東京・大阪・福岡・徳島などで、不定期に開いている。各地で、趣旨に賛同してくださる方がいて、20人ぐらいの少人数で、アットホームな雰囲気の中、いろいろと気づかされることが多い。教室やレクチャーとは違い、双方向で意見やアイデアなどを交錯させることができて、最初は発信する側のこちらも、得るものが多い。

 12日の夜、3カ月ぶりに開いた大阪でのワークショップには、活動弁士の坂本頼光さんも東京から参加してくださった。実は、15年ほど前にも申し込みをくれていたのだが、当日になって急用で不参加になったことがあり、やっと参加された今は随分売れっ子になっておられてうれしい限り。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです