京大論文不正

PCデータに改ざんの痕跡 認定の決め手に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
所属する助教による論文不正が判明し、記者会見で謝罪する京都大の山中伸弥iPS細胞研究所所長(左端)ら=京都市左京区で2018年1月22日午後5時32分、小松雄介撮影
所属する助教による論文不正が判明し、記者会見で謝罪する京都大の山中伸弥iPS細胞研究所所長(左端)ら=京都市左京区で2018年1月22日午後5時32分、小松雄介撮影

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、同研究所の調査委員会が不正を認定した決め手となったのは、責任著者が使っていたノートパソコンから見つかったデータ改ざんの痕跡だった。パソコン内のデータは消去されていたが、調査委が復元して判明した。3人の調査委員が毎日新聞の取材に応じ、調査の詳細な内容を明らかにした。【須田桃子】

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1409文字)

あわせて読みたい

ニュース特集