メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出生前診断

従来型も登録 日産婦方針、実施機関を把握

 妊娠中に胎児の染色体や遺伝子に異常があるかを調べる出生前診断について、日本産科婦人科学会(日産婦)は新型出生前診断(NIPT)以外の羊水検査など従来ある検査についても登録制にして、実施する医療機関を把握する方針を固めた。異常が判明した際に夫婦らは中絶などの重い選択を迫られるが、NIPTのように事前に適切なカウンセリングをせず検査を行う施設も多いため。胎児の遺伝情報の扱いを把握する上でも登録制が必要と判断した。

 国内では羊水検査や絨毛(じゅうもう)検査、母体血清マーカー検査などの出生前診断が行われている。羊水…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです