メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出生前診断

従来型も登録 日産婦方針、実施機関を把握

 妊娠中に胎児の染色体や遺伝子に異常があるかを調べる出生前診断について、日本産科婦人科学会(日産婦)は新型出生前診断(NIPT)以外の羊水検査など従来ある検査についても登録制にして、実施する医療機関を把握する方針を固めた。異常が判明した際に夫婦らは中絶などの重い選択を迫られるが、NIPTのように事前に適切なカウンセリングをせず検査を行う施設も多いため。胎児の遺伝情報の扱いを把握する上でも登録制が必要と判断した。

 国内では羊水検査や絨毛(じゅうもう)検査、母体血清マーカー検査などの出生前診断が行われている。羊水…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1052文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  2. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]