メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

14歳金戸凜が初優勝 女子高飛び込み

女子高飛び込みで初優勝した金戸凜=東京都江東区の東京辰巳国際水泳場で2018年6月16日午後5時25分、村上正撮影

 飛び込みの日本室内選手権第2日は16日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子高飛び込みは14歳の金戸凜(セントラルスポーツ)が339.70点で初優勝した。前日の女子3メートル板飛び込みと合わせて2冠を達成した。男子3メートル板飛び込みは伊藤洸輝(日大)が387.10点で制した。

金戸凜 3代続けて五輪への期待背負う

 2016年リオデジャネイロ五輪8位の板橋が不在の中、2位に63点差をつけて快勝した金戸凜は「もっと点数…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです