メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

トヨタMIRAIがアクア並の激安で乗れるのにトヨタが積極的に推さない複雑な事情

情報提供:カートップ

地域によっては補助金だけでなんと303万円!

 何と! 燃料電池車トヨタMIRAI(ミライ)が、1300ccクラスのコンパクトカーより安く乗れるようになっていた! トヨタは今年の春から4年リースの残価を50%に設定したからだ。ご存じの通り、燃料電池を買うと東京都であれば、合計303万円の補助金も出る。すなわち車両価格の50%から、さらに補助金も引いた金額を払えばOK!

 月額いくらかといえば、超破格の2万4100円です! 乗り出し価格200万円の新車買い、4年乗って70万円で手放したときの毎月の負担額と同等と言えば、何となく理解できるかもしれません。つまり1300cc級のセカンドカーを買う予算で、723万円のMIRAIに乗れるのだった。デビュー当時にMIRAI買った人はビックリです!

  

 ここまで読んで「そんな良い条件なのにトヨタはなぜ宣伝しないのか?」と思うかもしれない。その通りで、キッチリとアピールしたら、相当売れると思う。トヨタの関係者に聞いてみたら、逆説的ながら、売れても困るし、安いということもあまりアピールしたくない、というとても不思議かつ微妙な状況になっているようだ。

 まず「売れても困る」というのは、依然として生産規模が小さいためである。2000台受注したら、またしても納期1年近くになってしまい、顧客に迷惑を掛ける。「適度に売る」というのは確かに難しい。「安いアピール」も、大々的に行ってしまえば、最初に買った人が不快になる。これまた顧客第一主義のトヨタからすれば難しい。

 そこでディーラーにだけ通知を出し(調べてみたらそれすら知らない営業担当が大半)、口コミで売ろうという方法を選んだ次第。とはいえクルマ好きからすれば、MIRAIに魅力的な予算で乗れる素晴らしいチャンスである。以下、次世代パワーユニットを味わってみたい人のため、MIRAIの購入ガイドをお届けしたい。

 まず条件だけれど、MIRAIの車両価格723万円の50%に相当する361万5000円を4年間で支払う。この金額から次世代エネルギー車に対し交付される202万円の補助金を引く。東京都であれば101万円上乗せされるため、303万円。残額何と58万5000円である! これに諸費用として54万8599円掛かり113万3599円。48カ月で割れば2万4100円だ。

 私がMIRAIを買った東京トヨペットの井荻店に聞くと「4年後に返却して頂くときの車両の状態ですが、走行4万8000kmまでは走行減額ありません。車両の損傷減額も150点以内になっているため、前後バンパーを破損して交換+ドア1枚に大きなキズを受けた程度までカバーします。普通に乗っていれば150点までは行かないと思います」

 今や水素ステーションの数も99カ所に増え、関東と中部、関西ならあまり不便なく使えるようになった。何よりMIRAIというクルマの乗り心地や仕上がりや質感が素敵である。トヨタ車の中で一番良いと思う。もし気になるなら、台場のメガウェブに行けば気軽に試乗できます。詳しくは近所のトヨタで聞いてほしい。

 ちなみに都道府県によって補助金の状況は異なる。愛知県の場合、毎月の支払額は3万7000円程度になるという。それでも4年間の支払額は177万円で、アクアなどより安いほど。MIRAIに興味あるなら、今年度の補助金予算が無くなる前にどうぞ。


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです