メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

京都で開催中「im/pulse」展 アートと人類学の交差 「感覚で対象に迫る」実践3組

 アートと人類学の関わりは今に始まったことではないが、近年その距離はますます近づいているようだ。世界の多層性を描く両者の交点を柱にした展覧会は昨今の傾向といえる。京都市中京区の京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)で開催中の「im/pulse:脈動する映像」展には文化人類学者、映像作家、パフォーマンス集団の3組が参加。会期中、人類学者によるレクチャーもある。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1134文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです