地震

大阪・震度6弱 登校中に烈震襲う 通勤直撃、いつ動く(その1)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
倒れた壁に女児が下敷きになった現場=大阪府高槻市の市立寿栄小で2018年6月18日午前9時58分、本社ヘリから三村政司撮影
倒れた壁に女児が下敷きになった現場=大阪府高槻市の市立寿栄小で2018年6月18日午前9時58分、本社ヘリから三村政司撮影

児童「友達下敷きに」

 大きな揺れが朝の都心部を襲った。18日午前、大阪府北部で最大震度6弱を記録した大地震。新幹線や各在来線は運転を見合わせて通勤・通学ラッシュを直撃し、主要駅は多くの人があふれた。大阪府高槻市で小学校の崩れた壁の下敷きになった小4女児(9)を含め計3人が死亡した。水道や電気などのインフラもトラブルが続いた他、火災や家屋の倒壊が相次ぎ、近畿地方の各地は大混乱した。【伊藤遥、金志尚、松浦吉剛、東久保逸夫】

 「一緒に登校していた女の子が壁の下敷きになっちゃった」。午前8時ごろ、大阪府高槻市栄町3の市立寿栄(じゅえい)小学校の出入り口で、立っていた男性警備員(70)に、駆け寄ってきた女児が伝えた。

この記事は有料記事です。

残り2285文字(全文2592文字)

あわせて読みたい

注目の特集