メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦@天童

第76期・第6局 将棋連盟天童支部 「藤井効果」で会員増 子ども中心「人間性、集中力育んで」 /山形

 藤井聡太七段の快進撃などで将棋界が盛り上がる中、19、20日に名人戦七番勝負第6局を控える天童市を拠点とする日本将棋連盟天童支部の会員数が増加している。子どもを中心に大きく増え、5月末現在で264人。かつて会員数日本一を誇ったころの人数にまで回復してきた。

 パチ、パチ。6月初旬の平日の夕方、JR天童駅1階の天童将棋交流室。将棋盤を挟んで座る子どもたちが、真剣な表情で駒を動かしていた。その中の一人、天童市立天童南部小2年の高橋遥輝さん(7)は「勝つことが面白い」と目を輝かせた。

 天童支部は1997~2007年度まで、11年連続で支部会員登録数が日本一だった。この間のピークは0…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです