メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟水俣病

救済制度確立目指す 被害者団体が総会 /新潟

 新潟水俣病被害者の会(小武節子会長)と新潟水俣病共闘会議(中村洋二郎議長)は17日、新潟市北区の県立環境と人間のふれあい館で、今年度の活動方針などを決める合同総会を開いた。全被害者の補償救済制度の確立を目指し、国や被告企業への責任追及を法廷の内外で強めていく内容が決議された。

 総会では、知事選前に同会議などが実施した候補者への質問状の回答を発表。花角英世知…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです