新潟水俣病

救済制度確立目指す 被害者団体が総会 /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新潟水俣病被害者の会(小武節子会長)と新潟水俣病共闘会議(中村洋二郎議長)は17日、新潟市北区の県立環境と人間のふれあい館で、今年度の活動方針などを決める合同総会を開いた。全被害者の補償救済制度の確立を目指し、国や被告企業への責任追及を法廷の内外で強めていく内容が決議された。

 総会では、知事選前に同会議などが実施した候補者への質問状の回答を発表。花角英世知…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集