メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光バブル

晴れの国からの報告/4止 企業が節税、積極投資 高齢者雇用、地域へ還元も /岡山

景観を保つため、太陽光パネルの周りに生えた雑草を刈り取るのも仲介業者の大事な仕事だ=田口石油興業提供

「主力電源」向け国、自治体、事業者に課題

 「太陽光に適した日当たりのよい土地を探しています!」「国の制度で20年間は安定収入が保障されます!」

 石油販売・不動産業「田口石油興業」(新見市哲西町畑木)には週2回、太陽光発電所に適した土地を探す事業者からFAXが届く。田口啓輔社長(52)は「5年前からずっとこのペース。岡山は晴れの日が多く、災害も少ないだけでなく、条例の規制もほとんどないので人気だ」と分析する。

 同社が太陽光発電向けに仲介した物件はこれまでに30件以上。土地を探している事業者は東京や大阪が多い…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1258文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです