メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光バブル

晴れの国からの報告/4止 企業が節税、積極投資 高齢者雇用、地域へ還元も /岡山

景観を保つため、太陽光パネルの周りに生えた雑草を刈り取るのも仲介業者の大事な仕事だ=田口石油興業提供

「主力電源」向け国、自治体、事業者に課題

 「太陽光に適した日当たりのよい土地を探しています!」「国の制度で20年間は安定収入が保障されます!」

 石油販売・不動産業「田口石油興業」(新見市哲西町畑木)には週2回、太陽光発電所に適した土地を探す事業者からFAXが届く。田口啓輔社長(52)は「5年前からずっとこのペース。岡山は晴れの日が多く、災害も少ないだけでなく、条例の規制もほとんどないので人気だ」と分析する。

 同社が太陽光発電向けに仲介した物件はこれまでに30件以上。土地を探している事業者は東京や大阪が多い…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです