メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第2部 共に歩む/1(その1) 避難先 早朝のサプライズ

小学2年当時の池田実央さんの手紙のコピー。静岡県下田市を訪問された天皇、皇后両陛下の写真と一緒に大切にしている=三宅島の池田さん宅で、竹中拓実撮影

 避難生活が1年に及び、生まれ育った島に帰るめどは立たない。そんなある日、サプライズが起きた。

 2001年8月、伊豆諸島・三宅島(東京都)の噴火で静岡県下田市に避難し、借家住まいをしていた池田弘子さん(51)は早朝、訪問客を知らせる近所の人の声で目が覚めた。ドアを開けると優しくほほ笑む天皇、皇后両陛下と紀宮さま(黒田清子さん)の姿があった。弘子さんの長女実央(みお)さん(24)は当時7歳で小学2年生。母に背負われた少女に皇后さまは話した。「ごめんね。起こすつもりはなかったのよ」

 その前日、避難生活を送る島民を励ますため、両陛下は下田臨海学園を訪問された。実央さんは「今度、うち…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです