メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
クローズアップ2018

「軽症」難病、不安置き去り 医療費助成、対象外に

潰瘍性大腸炎の治療にかかった医療費について説明する藤岡洋一さん=横浜市で

悪化後、手続き行けぬ 関連情報の入手、困難

 難病法は、医療費助成の拡大と研究促進を2本柱として、鳴り物入りで施行された。だが、ふたを開けると10万人規模の軽症者が制度から外れることとなり、患者や医療者の間に困惑が広がっている。限られた財源の中で、できるだけ多くの患者の不安や負担を軽減しつつ、治療研究の進展にもつなげていく方策はないのか。今後始まる同法見直しの議論の焦点になりそうだ。【横田愛】

 「まさか自分が助成の対象外になるとは思わなかった」。川崎市の無職、藤岡洋一さん(55)は、30歳の…

この記事は有料記事です。

残り2268文字(全文2515文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです