メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石油大国転落・ベネズエラ経済危機

/上 原油頼み、繁栄続かず 価格下落で「国が破綻」 国営会社大量解雇「頭脳」失い

原油生産が止まっているベネズエラ国営石油会社PDVSAが運営する石油掘削装置「リグ」=同国東部プンタデマタで5月23日

 南米ベネズエラの中部を東西に流れるオリノコ川の北岸流域に原油産地「オリノコベルト」が広がる。高さ約20メートルの石油掘削装置「リグ」が点在するが、多くは稼働していない。オリノコベルトは2000年ごろ、ベネズエラの主力原油産地になった。しかし今、繁栄の面影はない。

 「数年前から資金不足で多くのリグが停止した。仕事もあまりない。警備するためだけに作業員が張り付いているリグもある」。オリノコベルトのフニン地区でリグのメンテナンスに携わる国営石油会社PDVSA職員、ヘラルド・ディアスさん(36)が話した。

 地元メディアなどによると、オリノコベルトを含め全国で100基以上あったリグのうち、稼働しているのは35基だけだ。かつて日量300万バレルを超えたベネズエラの原油生産量は17年に191万バレルに減少した。今年1~3月は約30年ぶりの低水準となる154万バレルに激減、年末には100万バレルを下回るとの予測もある。

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです