メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

企業体験で効率的に就活

インターン希望者を対象とした合同企業説明会には多くの学生が集まり、熱心にメモをとっていた=東京都立川市で

 来春卒業予定の大学生の就職活動がヤマ場を迎える一方で、2020年卒を対象にしたインターンシップ(就業体験)の情報公開が6月に始まった。就活の「号砲」は年々早まっている。就職戦線、異状あり?

 ●守られないルール

 「後悔先に立たず。就活前には戻れないんですよね」

 リクルートスーツ姿でそう打ち明けるのは津田塾大4年の女子学生(22)。もともと大手企業志向で、放送・広告業界に関心があった。所属していた演劇サークル活動の運営に昨年11月まで専念し、翌12月、第1志望企業のインターンシップに応募した。筆記試験を経て面接に進み、感触は良かったが声はかからなかった。その後、独自に企業研究を進め、志望先を約10社に絞り込んで本番の就職戦線に臨んだ。しかし、現在の「持ち駒」は1社だけ。彼女は言う。「何で? 『売り手市場』ってうそじゃん」

 前の年、大学3年の夏休み。活況を呈していた夏季インターンには参加しなかった。「大学生の時にしかでき…

この記事は有料記事です。

残り1860文字(全文2274文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです