メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

広がるインクルーシブ教育

楽しそうに玉ねぎを販売する京谷さん(左)と近藤さん(右)=大阪府枚方市で

 <kyoiku no mado>

 障害の有無にかかわらず、全ての子どもが共に学ぶ「インクルーシブ(包み込む)教育」が全国各地に広がっている。人権教育に力を入れてきた大阪府は、全国に先駆けて公立高校で知的障害がある生徒を対象にした入学者選抜を実施し、皆が同じ教室で学ぶ「知的障がい生徒自立支援コース」を導入した。専門家は「一般の生徒と障害者が自然な関わりを持つことが重要」と指摘する。「共に学ぶ」を実践する現場を取材した。【芝村侑美】

この記事は有料記事です。

残り1881文字(全文2098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです