メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
山地酪農を実践し、牛を自然放牧する岩手県岩泉町のなかほら牧場

 岩手県岩泉町。山の頂を目指す細道をたどっていくと、切り立った斜面で牛たちがのんびりと草をはむ。「なかほら牧場」では、平地の草原や牛舎ではなく、高地の山林に牛を自然放牧する「山地(やまち)酪農」を実践している。

 牛たちは坂道をひづめで軽々と上っていく。牛舎へと下りてくるのは搾乳の時間だけだ。思い思いの場所でえさとなる野シバを食べ、野シバは牛のふんでまた葉を伸ばす。こうした循環で、牛に人工的な負担をかけず、自然体でいられる環境を築き上げる。

 近代酪農では乳量を増やすため、牛の体に合わない飼料を与え、牛舎につなぐ。けれども動物たちを追い込ん…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文618文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです