大阪震度6弱

「有馬-高槻断層帯」近くで発生 気象庁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 気象庁は18日午前10時から松森敏幸・地震津波監視課長が記者会見し、「今後1週間程度は最大震度6弱ぐらいの地震に注意してほしい」と、身の回りの安全を確保するよう呼びかけた。大阪府内で震度6弱を観測するのは、記録が残る1923年以降で初めて。

 気象庁によると、今回の地震は主要活断層帯である「有馬-高…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

あわせて読みたい

注目の特集