メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

名古屋場所前に横綱・白鵬と交流 滋賀

地元の子どもたちに胸を貸す横綱・白鵬関(中央)=滋賀県長浜市で2018年6月17日、若本和夫撮影

 大相撲名古屋場所(7月)に向けて滋賀県長浜市内で合宿している横綱・白鵬関ら宮城野部屋の力士が合宿最終日の17日、同市山階町の滋賀近交運輸倉庫内の特設土俵で地元の子どもたちと交流した。

 幼稚園児から中学生までの約40人が土俵に上がり、横綱の胸を借りた。まわし姿の子どもたちが5、6人がかりで横綱を押し出す場面も…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです