メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
大分・宇佐

謎のチョウ「アサギマダラ」呼び込む活動

渡りチョウのアサギマダラ。向野さんが自宅に植えたフジバカマにも毎年、飛来する=向野さん提供

 児童らに生物の営みの大切さを学ぶきっかけにしてもらおうと、海を渡って旅するチョウとして知られる「アサギマダラ」を大分県宇佐市の小学校などに呼び込む活動が始まった。元小学校長の向野(むくの)茂さん(83)=宇佐市院内町在住=はアサギマダラが好む蜜を出すフジバカマを、かつて教壇に立った院内北部小などに植栽。「長い旅をして羽根を休める姿を見て、子供たちに生き物の不思議を考えてほしい」と語る。【大漉実知朗】

 アサギマダラは2000キロ以上を渡り飛ぶナゾのチョウといわれる。県内の飛来地としては国東半島沖の姫島が有名だ。春から夏は北へ、秋は南下。北海道のほか、台湾や小笠原などでも、調査のため、マーキング(印)されたアサギマダラが確認されている。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです