メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウの自転軸 着陸計画の立案に好都合

JAXA最新画像を分析

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウ到着が間近となり、16日に公開された自転や形の様子が写る画像について、プロジェクトチームが「今回の画像で確認できた自転軸の向き(垂直方向)であれば、小惑星全体の様子を把握しやすく、ミッションの計画を立てるのに好都合になる」と受け止めていることが分かった。吉川真・はやぶさ2プロジェクトミッションマネジャーは「形については、現状では想定していたお団子のようではないように見える。画像処理の影響や今後の観測にもよるが、リュウグウの姿に非常に期待が高まってきた」と説明した。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が16日に発表したリュウグウの最新画像(リュウグウまでの距離約700キロ)によると、表面が大きく角張っており、垂直方向に自転軸があり、太陽の周りを公転する方向とは逆向きに自転していた。画像の左下には大きなクレーターのようなくぼみも見えた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです