メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察犬

「タック」が挑戦、捨て犬の希望の星に 次こそは

秋の選考審査会に向けて訓練に励むタック=山口県山陽小野田市で2018年6月5日、坂野日向子撮影

 山口県警が昨年11月に開いた嘱託警察犬の選考審査会に雑種の雄「タック」が挑戦した。訓練を重ねた約30頭が居並ぶ中、現場に残るにおいをたどって遺留品を見つけ出す「足跡追及」をノーミスでこなした。しかし、惜しくも不合格。競技中に尾を丸めるなどびくびくした様子がマイナスになったようだ。

 「タックは優しいけれど臆病な性格。次こそは絶対大丈夫と信じている」。飼い主の山本直子さん(50)=山口市=は、死のふちからここまできた愛犬にエールを送る。タックは殺処分直前の捨て犬だった。

 元々は米軍岩国基地(山口県岩国市)の兵士に飼われていた。だが生後約5カ月の2016年9月、「子供をかむ」との理由で捨てられ、保健所に収容された。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです