トルコ

24日に大統領選、現職エルドアン氏が優勢に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

総選挙も同時に 国会定数が600に増加。任期も5年に延長

 【エルサレム高橋宗男】トルコの大統領選と総選挙が24日に実施される。大統領選には6人が立候補しており、うちイスラム系与党・公正発展党(AKP)の現職、エルドアン氏が優勢に選挙戦を進めている。トルコでは昨年4月の国民投票で憲法改正が承認され、今回の選挙後に1923年の建国以来続いてきた議院内閣制から、権限が拡大された大統領制に移行するため、トルコ政治の大きな転換点となる。

 エルドアン氏は4月、2019年11月予定のダブル選を今年6月に前倒しすると発表した。財政出動による景気対策の限界を見越し、経済が悪化する前に選挙を済ませておきたいという思惑があったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文947文字)

あわせて読みたい

注目の特集