メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

択捉ビザなし訪問

急速に進むロシア化 元島民に焦り

 北海道にとって悲願の北方領土返還。日本政府が領土問題の前進に有効と位置づける北方領土での共同経済活動を巡り、5月の日露首脳会談で今夏の民間調査団派遣に合意し、事業採算性を調査することになった。しかし、今年度の「ビザなし交流」の日本側訪問団第1陣に同行し、訪問した択捉島はロシア政府主導の定住策や開発により、ロシア化が急速に進んでおり、返還に向けた道筋は見えない。

 共同経済活動で日露が優先的に取り組む5分野のうち、海産物養殖と観光について、訪問団はすでにロシア側の手で順調に進んでいる様子を目の当たりにした。訪れた択捉島紗那(しゃな)のサケマスふ化場は2128平方メートルの広大な敷地で1億尾をふ化できる巨大設備。国立だが、北方領土最大企業のギドロストロイが運営している。

 2006年、別飛(べっとぶ)に完成したギ社系列会社が運営する水産加工場は1800トンの加工品を収容できる冷蔵施設があり、年間2000トンのイクラの加工が可能。近年はイワシ人気が高く、同社は色丹島でイワシ加工設備を導入したという。

この記事は有料記事です。

残り1675文字(全文2127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです