メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

谷岡学長「反省の態度見えず」栄監督解任理由

至学館大学の栄和人監督のパワハラ問題について謝罪する同大学の谷岡郁子学長=東京都世田谷区の駒沢体育館で2018年6月17日、宮間俊樹撮影

至学館大学長「全くの期待外れで、全く分かっていない」

 日本レスリング協会副会長で至学館大の谷岡郁子学長(64)が17日、同大レスリング部の栄和人監督(57)を解任することを明らかにした。五輪4連覇の伊調馨選手(34)=ALSOK=らへのパワーハラスメント行為が認定された栄氏は14日に一連の騒動を謝罪したばかりだが、谷岡学長は「反省の態度が見えなかった」と解任の理由を説明した。

 谷岡学長は全日本選抜選手権大会会場の東京・駒沢体育館で取材に応じた。説明によると、栄氏が大会2日目の15日に試合中にもかかわらず昼食のために外出したことや、選手のセコンドにつくよう要請してもつかなかったことなど監督職務を果たさなかったという。谷岡学長は「全くの期待外れで、全く分かっていない」と怒りをあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 航空石川建材廃棄訴訟 学園側「請求棄却を」 業者に反論 地裁 /石川

  5. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです