メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止

 大阪府北部を中心に震度6弱を観測した地震から一夜明けた19日、一部の地域ではガスや水道の供給停止や小中学校が休校となるなど日常生活への影響が続いた。激しい揺れを記録した自治体では、罹災(りさい)証明書の発行手続きが始まった。

 総務省消防庁によると、地震による死者は全て大阪府内で、高槻市の9歳の女児のほか、80代の男女3人の計4人。19日午前6時半現在の負傷者は大阪府328人、兵庫県29人、京都府10人、奈良県4人、滋賀県3人、三重県2人の計376人となっている。

 大阪府によると、午前7時半現在で計346カ所の避難所が開設され、1785人が過ごしている。少なくと…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文744文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです