メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

近藤亜香 新時代の「アリス」 バレエ・ブノワ賞にノミネート

ブノワ賞発表を前に、モスクワ・ボリショイ劇場前で記念撮影をする近藤亜香=本人提供

 バレエ界最高峰の年度賞「ブノワ賞」の女性ダンサー部門にノミネートされ、6日、モスクワ・ボリショイ劇場の舞台に立った。受賞には至らなかったが、候補6人に入ることがすなわち「世界屈指」のお墨付きだ。第一報への反応は「誰かが仕掛けた『ドッキリ』?」だったという。候補の中には露ボリショイ・バレエの名花で、長年憧れているスベトラーナ・ザハロワの名も。「それを見て、少しですが自分をほめたくなりました。とうとう私もここまで来たかと」。名古屋市出身の近藤亜香(あこ)。オーストラリア・バレエが誇るプリンシパル(最高位)だ。

 豪シドニーのオペラハウスも世界遺産だが、ボリショイは別格のひのき舞台。巨大さと豪華さに圧倒されたと…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです