メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

近藤亜香 新時代の「アリス」 バレエ・ブノワ賞にノミネート

ブノワ賞発表を前に、モスクワ・ボリショイ劇場前で記念撮影をする近藤亜香=本人提供

 バレエ界最高峰の年度賞「ブノワ賞」の女性ダンサー部門にノミネートされ、6日、モスクワ・ボリショイ劇場の舞台に立った。受賞には至らなかったが、候補6人に入ることがすなわち「世界屈指」のお墨付きだ。第一報への反応は「誰かが仕掛けた『ドッキリ』?」だったという。候補の中には露ボリショイ・バレエの名花で、長年憧れているスベトラーナ・ザハロワの名も。「それを見て、少しですが自分をほめたくなりました。とうとう私もここまで来たかと」。名古屋市出身の近藤亜香(あこ)。オーストラリア・バレエが誇るプリンシパル(最高位)だ。

 豪シドニーのオペラハウスも世界遺産だが、ボリショイは別格のひのき舞台。巨大さと豪華さに圧倒されたと…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです