連載

舞台裏へようこそ

公演や製作現場を支えるプロの仕事を紹介します。

連載一覧

舞台裏へようこそ

振付家 名倉加代子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ダンサーで振付家の名倉加代子=東京都世田谷区で2018年6月5日、太田康男撮影
ダンサーで振付家の名倉加代子=東京都世田谷区で2018年6月5日、太田康男撮影

香り立たせるイメージ

 ダイナミックでスピード感にあふれるステージは、ダンスファンのみならず多くの観客を魅了してきた。ジャズダンスの第一人者で、日本を代表する振付家の一人でもある名倉加代子は、自らの仕事を「動きを付けるのではなく、イメージを伝えること」と語る。

 「手を前に出すだけの動きでも、花のためか、人のために出すかで全然違います。ダンサーとイメージを共有することが大事で、そのために振付家には言葉の表現力も求められます」

 ダンス公演だけでなく、ミュージカルからテレビのCMまで、振付家の仕事は多岐にわたる。これまでに手がけた曲は数千曲。実際にダンサーと会う前に動きを考えることはなく、その場で即興的に振りを付けていくという。

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1709文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集