メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

「学恋」で夏を楽しもう 早稲田院生が株式会社化

すぐに打ち解け、談笑する学恋パーティーの参加者たち=東京都豊島区の会場で(写真は加工してあります)

 今年も近づいてきた夏休みシーズン。恋人と思い出を作りたいと思っても、なかなか出会いが無いと悩む人は多いのではないだろうか。学生の学生による「出会いの場」を演出するイベント、「学恋(がくれん)」パーティーに潜入した。【早稲田大・木村由布花、写真は日本大・山川千裕】

婚活より気軽

 JR池袋駅から少し歩き、地下にある会場への階段を下りると、ワッという熱気に圧倒された。ホールにはテーブルクロスのかかった長テーブルがいくつも並べられ、集まった200人近くの男女が向かい合って話している。男子は3~4年生、女子は2~3年生が多く、出会いの場が少ない女子大だけでなく共学からの参加も少なくない。

 午後5時から始まったパーティーは2部に分かれ、前半は長テーブルに座りながらのお見合い方式。スタッフ…

この記事は有料記事です。

残り1703文字(全文2045文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです