メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

「学恋」で夏を楽しもう 早稲田院生が株式会社化

すぐに打ち解け、談笑する学恋パーティーの参加者たち=東京都豊島区の会場で(写真は加工してあります)

 今年も近づいてきた夏休みシーズン。恋人と思い出を作りたいと思っても、なかなか出会いが無いと悩む人は多いのではないだろうか。学生の学生による「出会いの場」を演出するイベント、「学恋(がくれん)」パーティーに潜入した。【早稲田大・木村由布花、写真は日本大・山川千裕】

婚活より気軽

 JR池袋駅から少し歩き、地下にある会場への階段を下りると、ワッという熱気に圧倒された。ホールにはテーブルクロスのかかった長テーブルがいくつも並べられ、集まった200人近くの男女が向かい合って話している。男子は3~4年生、女子は2~3年生が多く、出会いの場が少ない女子大だけでなく共学からの参加も少なくない。

 午後5時から始まったパーティーは2部に分かれ、前半は長テーブルに座りながらのお見合い方式。スタッフの合図により、一定時間で席替えが行われていく。20人ほどのスタッフが常に会場を回り、細かく飲み物の補充を行う。色分けされたリストバンドにより、20歳以上の参加者にのみアルコール飲料が提供される仕組みだ。

この記事は有料記事です。

残り1602文字(全文2045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです