メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

バブルサッカー 反則気にせず、頭脳戦

バンパーをかぶり、ぶつかり合いながらボールを奪い合う参加者たち=東京都文京区の東大弥生キャンパスで

 国際サッカー連盟(FIFA)ワールドカップ(W杯)が開幕し、19日から日本代表の試合が始まる。一方で、近年風船に似たバンパーをかぶり、ぶつかり合いながらサッカーをする「バブルサッカー」が注目を集めている。競技に取り組む東京大学バブルサッカークラブを取材した。

 設立は2015年。東大のサッカーサークルの部員によるバブルサッカーの企画にさかのぼる。企画を通じて魅力を認識し、数人の学生がサークルから独立して設立した。現在は他大学の女子も含めた大学公認のインカレサークルとして、活動中だ。

 日本の大学でバブルサッカーのサークルは、数校しかなく、自らバンパーを持つのは東大クラブのみ。東大教…

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1420文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです