メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪・震度6弱 余震、雨 続く不安 避難者、子の笑顔が力

余震に備えて母直子さん(左から2人目)が用意した自転車用のヘルメットをかぶって避難所で過ごす内村遼さん(左端)=大阪府高槻市で2018年6月19日午前8時3分、久保玲撮影

 大阪府北部で震度6弱を記録した地震から一夜明けた19日、震源地に近い同府高槻市や茨木市の避難所に身を寄せた被災者らは、疲れ切った表情で朝を迎えた。この日午後から予想される雨を心配し、屋根に張ったブルーシートの確認などに追われる市民の姿も。高槻市は各学校にあるブロック塀の緊急調査に乗り出し、茨木市も被害家屋の罹災(りさい)証明書の発行手続きを始めた。

 「この子たちの笑顔が元気をくれる」。高槻市富田町の会社員、西村晃一さん(24)と妻奈緒美さん(34…

この記事は有料記事です。

残り2298文字(全文2525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです