メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

廃線前提に3線区沿線反発 JR説明に不快感 /北海道

 JR北海道が17日、「経営再生見通し案」で、輸送密度200人未満の5線区を廃線前提で国の財政支援の対象外にした。沿線自治体から18日、反発が上がった。JR側は2年以内に廃線計画をまとめる考えで、今後の対応が焦点になる。

 JRは17日、1キロ当たり1日輸送人数が200人未満の▽札沼線(北海道医療大学-新十津川)▽根室線(富良野-新得)▽留萌線(深川-留萌)▽日高線(鵡川-様似)▽石勝線夕張支線(新夕張-夕張)--の5線区に国の支援を求めないとした。夕張市が廃線に合意した夕張支線に加え、札沼線も廃線が固まったが、残る3線区の地元の了解は取り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです