メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘイトスピーチ

「対策条例制定を」 来月にも 札幌市に市民団体要請 /北海道

 札幌市の市民団体「札幌市に人種差別撤廃条例をつくる市民会議」が7月にも、市にヘイトスピーチの対策条例を制定するよう要望する。五輪憲章ではいかなる差別も認めないとしており、東京都は2020年大会を前に条例制定を表明。冬季五輪の招致を目指す札幌市も対策を迫られている。

 市民会議は勉強会を開くなどして問題への理解を深め、市長に制定を求める方針だ。メンバーで札幌弁護士会人権擁護委員会副委員長の島田度弁護士は、16年6月のヘイトスピーチ対策法施行後も市内で差別表現を伴うデモや街宣が…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文598文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]