地震

県内震度5弱 建物被害5件 「1週間、余震注意を」 /群馬

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県南部を震源とし渋川市で最大震度5弱を記録した17日の地震で、県のまとめによると、渋川市と前橋市で、住宅の屋根瓦が落下するなど少なくとも計5件の建物被害があった。人的被害は確認されていない(18日午後3時現在)。

 堀越正史・県危機管理室長は「向こう1週間程度は余震に注意してほしい。2~3日分の食糧を備蓄し、家族…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集