メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「母 小林多喜二の母の物語」 国に息子奪われた苦悩 山田監督、舞台あいさつ 30日・金沢 /石川

 「蟹工船」で知られるプロレタリア文学作家、小林多喜二の母セキの生涯を描いた映画「母 小林多喜二の母の物語」の上映会が30日、金沢市香林坊1の県教育会館で行われる。戦前の思想弾圧の手段とされた治安維持法下で投獄され、拷問死した多喜二。メガホンを取った山田火砂子監督(86)は「一番悲しい思いをするのは母。育てた子どもを不幸にさせるのが戦争だと伝えたい」と話している。【岩壁峻】

 映画は、三浦綾子の小説「母」が原作。秋田県の貧しい家に生まれたセキは15歳で嫁ぎ、多喜二ら3男3女…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
  4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです