メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブカップバレー

6・9人制 県代表4チーム決定 各主将の話 /岐阜

素早い攻撃持ち味 豊田倶楽部・渡辺友祐主将(30)

 速さのある攻撃が持ち味のチーム。にぎやかで雰囲気が良いので、流れに乗ると連続得点を取れる。全国大会はブロックの練習を重ねて、絶対に決勝トーナメントに進出したい。

    多彩な攻撃できる 美濃加茂クラブ・岩腰純司主将(59)

     地元のバレー教室出身の若手メンバーを軸に、センター中心の多彩な攻撃ができる。県予選は練習の成果で堅実なレシーブが出せた。美濃加茂育ちの力を全国にも見せたい。

    全国、まずは1勝 Regina・竹下久美子主将(25)

     高校時代の仲間と今年結成したチーム。男子との練習を通して、鋭いスパイクや高さのある攻撃に対応する技術を高めてきた。全国では、まずは1勝できるよう頑張りたい。

    粘り強さが持ち味 Delight・坂井由里主将(34)

     コミュニケーションを大切にしており、攻守にわたる粘り強さが持ち味。チームの状態は良いが、県予選はミスもあった。全国大会では確実なプレーで目標のベスト16を目指す。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
    2. 西日本豪雨 ボランティア、大阪の小6も大粒の汗 広島
    3. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
    4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    5. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]