メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

シンガー・ソングライター やなせななさん がん体験「生き死に」歌う /奈良

歌への思いを語るやなせななさん=奈良県高取町で、藤原弘撮影

やなせななさん(42)=高取町

 高取町の教恩寺住職で、「歌う尼さん」として知られる高取町のシンガー・ソングライターのやなせななさん(42)=本名・梁瀬奈々=は、全国各地でコンサート活動を続けている。30歳の時、子宮体がんのため子宮と卵巣を摘出した体験を持ち、「人の生き死に」などをテーマに歌う。念願だった映画音楽にも挑戦し、昨年完成した短編映画「祭りのあと」では脚本も携わるなど、活動の幅を広げている。

 龍谷大在学中にバンド活動を始め、映画音楽も作曲したミュージシャンの大貫妙子さんにあこがれた。2004年のCDデビューから15年になるのを前に、「映画音楽を作るため、映画製作を」と思い立ち、BGMをすべて作曲し、自身の歌声も入れた。映画は妻を亡くした一人暮らしの男性の心象風景を描き、高取町の兵庫地区を中心に撮影。今年3月に町内で上映された。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです