メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
やまと人模様

シンガー・ソングライター やなせななさん がん体験「生き死に」歌う /奈良

歌への思いを語るやなせななさん=奈良県高取町で、藤原弘撮影

やなせななさん(42)=高取町

 高取町の教恩寺住職で、「歌う尼さん」として知られる高取町のシンガー・ソングライターのやなせななさん(42)=本名・梁瀬奈々=は、全国各地でコンサート活動を続けている。30歳の時、子宮体がんのため子宮と卵巣を摘出した体験を持ち、「人の生き死に」などをテーマに歌う。念願だった映画音楽にも挑戦し、昨年完成した短編映画「祭りのあと」では脚本も携わるなど、活動の幅を広げている。

 龍谷大在学中にバンド活動を始め、映画音楽も作曲したミュージシャンの大貫妙子さんにあこがれた。200…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  2. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  3. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  4. 河野外相“フェイクニュース”に不快感 日韓会談前、記者に「キヤノン? ニコン?」

  5. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです