メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

ファミリーホームで子供支援 荒木博和さん 安心できる「家庭」作る /和歌山

和歌山県新宮市内中心部にあるファミリーホーム「クローバーの家」の前に立つ荒木博和さん=阿部弘賢撮影

 <輝集(きしゅう)人>

荒木博和さん(59)

 さまざまな事情で親と一緒に暮らせない子供を養育者の家庭で育てるファミリーホームを2年前、新宮市内に開設した。幼稚園児から高校1年生までの男女6人と、木造2階建ての一軒家で過ごしながら、成長を温かく見守っている。

 新宮市出身。新宮高校、早稲田大学、社会人の三菱自動車水島(岡山県倉敷市)でラグビー選手として第一線で活躍した。しかし、体調を崩したこともあり、50歳で会社を早期退職し故郷へUターンした。求人広告で偶然見つけた児童養護施設で働くことになり、縁のなかった児童福祉の世界に飛び込んだ。

 施設では5年にわたり児童指導員を務め、子供たちを支援した。施設に来る子は、貧困など問題を抱えた親か…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです