メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州いきものがたり

~動物園の舞台裏~/1 消えゆくゾウ/1 輸入減、進む高齢化 繁殖目指し試行錯誤 /鹿児島

 動物園が岐路に立っている。かつて輸入していたゾウやゴリラなどの人気者は希少動物の取引を制限するワシントン条約で入手が難しくなり、高齢化が進む。いつまで現在のような展示を続けられるか不透明だ。レジャーの多様化などで来園者も減っている。逆境の中で奮闘する熊本、宮崎、鹿児島3県の動物園の舞台裏を追った。

 「このままでは熊本からゾウがいなくなる」。熊本市動植物園(熊本市)の飼育員、北川勇夫さん(39)は危機感を募らせている。

 園で飼育しているのは1984年に来園した雌アフリカゾウのエリ(推定37歳)とマリー(推定38歳)。…

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1079文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. 運慶作と伝わる帝釈天像内に木箱 X線調査で判明
  5. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです