メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪・震度6弱 部品供給に影響も 車・電機、工場一時停止

地震で飲食店の棚から落ちて割れた酒の瓶=大阪府茨木市で2018年6月18日午前10時11分、望月亮一撮影

 18日朝に発生した大阪府北部を震源とする地震では、自動車や電機などの工場が稼働を停止したほか、コンビニエンスストアが一時休業するなど企業活動に影響が及んでいる。各企業は被害状況の把握に追われているが、部品供給網(サプライチェーン)の混乱などで影響が長期化する恐れもある。【竹地広憲、小坂剛志、藤渕志保、今村茜】

 ダイハツ工業は、本社工場(大阪府池田市)と京都工場(京都府大山崎町)が一時操業を停止した。同社によ…

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです